新宿の四谷三丁目会社設立・法人税申告センター/TFS国際税理士法人

決算申告を行うには

会社をつくると

  • 会社は事業年度終了から3ヵ月以内に株主総会を開き、決算報告を行わなければならない
  • 会社は、原則として事業年度終了から2ヶ月以内に決算申告書を作成・提出し、法人税等を納付をしなければならない

と会社法で規定されています。

 

では、決算申告はどのような流れになるのでしょうか?

Step1.決算書を作成します


1.手元に保管してあります、領収書・請求書・通帳コピー等から仕訳をおこします
2.その上で会計ソフトにデータ入力し、試算表を作成します
3.その後各種決算修正をして、決算書を完成させます

 

Step2.法人税申告書を作成します


法人税申告には
1.法人税申告書
2.事業概況説明書
3.消費税申告書
4.法人事業税・法人住民税申告書
5.事業所税申告書
が必要です。
Step2.の法人税申告書については専門の「法人税申告ソフト」と高度な専門知識が必要なため、一般の方々がご自分で作成されるのは極めて困難ですので、税理士に任せることをお奨めします。

Step3.税務署で税金を納付して完了です

 

決算申告までのやりとりについて

手順1.まずはお電話下さい


お電話もしくはメールで面談の予約を入れて下さい。
当センタースタッフが専門の担当者のスケジュールを確認して、面談日時を設定させていただきます。
当日持参いただきたい書類は事前にご案内させていただきます。

 

 

手順2.専門の担当者がお客様のご要望をしっかりとお伺いいたします。

来所いただきましたら、お客様の会社の決算月・現在の状況(必要資料の有無・会計データの入力状況・売上規模等)をしっかりと確認させていただいた上で、申告に要する費用総額、スケジュール、サポート内容などを説明させていただきます。
十分にご納得いただきましたら必要金額をお振込みいただいたのち、手続きに着手させていただきます。

 

手順3.法人税申告書類一式ができましたら印鑑等を持って来所ください

 

法人税申告に必要な書類一式が準備できましたら、印鑑等をご準備の上、来所ください。
書類に押印いただくと同時に、貴社の現在の状況、今回の決算のポイント、納付の仕方などをわかりやすくご説明させていただきます。

 

 

 

 

決算申告サポート料金はこちら》》

お問い合わせ